FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メコン川の中洲 デーン島

日経平均は18,785円で終了しています。
ノムさんのブン投げが無いので、取り敢えず19000まではノンストップで行きそうです。
為替・外部環境は全く影響なく、買いオンリーでOKな感じです。
まあダウなどが大幅下落ならば、日経は小幅高位しか期待できないでしょうが…
取り敢えず、昨日作ったPutデビットは期待が薄々になってしまいました。

日記の続きを書きます。

2月6日の夜は、影絵の劇を見に行きました。50000Kipとイイ値段…
IMG_6476.jpg
フランスの人が現地の伝統文化の復興を目指して取組み始めたものとか説明していました。
しかし、プロジェクターとかが上手く動かない云々とかで始まりは遅くなるし、ラオ語での影絵劇で、訳はフランス語の文字で映されるし、サッパリ分からんかったです…ションボリ。

2月7日もチャンパサックに留まり、真ん前にあるメコン川の中州のデーン島に行きました。
宿で船を借り10時に出発で、デーン島に15時に迎えに来てとオーダーしましたが、1人で60000Kip。高い…。割り勘にすれば安くなるのですが、他に誰も居らず。パクセで全く日本人に会わなかったのに、宿で他に3人も日本人の方が居ましたが、残念ながら全員当日チェックアウトでしたし。
取り敢えず、島に上陸。牛だらけ。川だから幾らでも水飲めるね。
IMG_6479.jpg
自転車を借りて島を一周しようと、上陸地点の傍に有ったホテルに行ってみる。
プールが有る…4ッ星ホテルだ…
IMG_6499.jpg

IMG_6482_20150226154155b5a.jpg
高級リゾートホテルだからか、宿泊者以外には自転車は貸出せないと断られる。
その辺の民家で借りたら??と受付のお姉さん。「20000Kipで自転車貸してください!」ってラオ語で書いてと頼み、小さなお金を持っていなかったのでお金を崩すべくカフェに着席。
値段タケ~。そこらじゅうで1ドルちょっとで売っている瓶のBEER LAOが4ドルするよ…
カプチーノ頼んだけど、3.75ドル。高額ラオス紙幣で払い、少額紙幣を貰う。

民家のおばちゃん達に何人か尋ねるも、後で使うからって感じで断られつづけながら歩いていると、そこにレンタル自転車屋が有るよっと言われ漸く自転車をGET。
自転車で島をグルッと回ります。
歩いている時からですが、子供だけでなく、おっさんやお婆ちゃんまで皆挨拶してくれる。なんだかとても印象の良かった島でした。

島の道は全て未舗装。しかも中洲なので砂地でタイヤが結構道に埋まる事も有り体力使います。
IMG_6486.jpg
島の外周を道が走っており、内側は畑。
IMG_6485.jpg
島の北端から、
IMG_6484.jpg
上陸したチャンパサック側の反対側へ。
IMG_6487.jpg
島で一番とも言えるような集落が有りました。
IMG_6488.jpg
土曜日で休日なので、お寺で縁日のような雰囲気。食べ物などの屋台が結構出ています。
IMG_6491.jpg
大人も子供も集まって、しゃがんで何か夢中になっているトコロが沢山あるので見てみると…
IMG_6489.jpg

IMG_6490.jpg
皆博打してました…サイコロを3つ振って出目を当てるマカオでお馴染みの大小です。
大人は1000Kip単位で、子供は500Kip札で賭けてました。子供用の賭場は、サイコロ振りの胴元も子供がやっているトコロも有り凄いなと感心。バイクや船とかも小学生位の子が操ってたりするので、まあ当たり前かもですが…

別の集落では、ちびっこが寄ってきました。可愛い。
IMG_6497.jpg

ただ、島の3/4位走ったトコロでタイヤがパンク。暑い中、とぼとぼと自転車を引きずって貸自転車屋に返しに行きます。道々、おばちゃん達が「あら、かわいそう」って感じで苦笑いっぽい笑みを浮かべてます。

今回は、タイのクラビでバイクを借りてパンク、ここデーン島で自転車パンク、この後シーパンドンでも自転車を借りてパンクと受難続きでした。

道々で砂に足を取られながら、貸自転車屋に到着。隣が、唯一って感じの英語表記のレストランだったので、僅かな所持金から、ビアラオとプレーンオムレツだけ頼みました。
IMG_6500.jpg

14時45分位に、チャンパサック戻りの為、上陸地点に戻ろうとしていると、日影が全く無い中、渡し船が既に待機していたので小走りで戻ります。船頭は、ゲストハウスおやじの親族なので、ゲストハウスの真ん前からの出発&戻りなのでとても楽ちんだったです。船頭は暑そうに待機していたので、ビアラオでも飲んでと少しチップを渡しました。

帰って、テラスで寛いでいると、オージー旅行者に「島から戻ったのか?」と質問されました。私の出発後チェックインした方でしたが、俺も行きたかったな…と言われてて、ちょっと残念でした。
ただ、事前に情報が全く無いところをブラブラ観光するのはやっぱり楽しいので良かったです。ガイドブックに載っているメジャーな観光場所をトレースするだけの旅ばかりでは、ドキドキ感が余り無いので。
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

09 | 2018/10 | 11
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

toronⅡ

Author:toronⅡ
30台後半・男性です。
OPトレードをメインでしながら旅行し続けようと頑張っているトコロです。
コメント、リンク等歓迎です<(_ _)>。

趣味:旅行、投資・投機、競馬、カジノ、将棋、漫画、魚釣りetc.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。