FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だらだら白人が一杯、4000Islands

日経平均は今日も強含みです。
現在は多少値を消していますが、引け間際から夜間でのいつもの上昇のための助走でしょう。
自己ポジションについては少し静観です。持ち株は東証1部がみずほだけなので、全くスパークしておりません…

日記の続きを書きます。

2月8日に、チャンパサックから4000Islands(シーパンドン)へ移動しました。
渡し船で対岸に渡り、パクセからのバスに途中乗車でピックアップして貰います。

大半の旅人が向かうデット島、コーン島の対岸の渡船場ナカサン。
IMG_6509.jpg
渡し船は、デット島の北端ファデットまで15000Kip、コーン島まで20000Kipでしたが、ファデットは若いバックパッカーが押寄せる雰囲気だったのと、コーン島船着き場は、デット島とコーン島を結ぶ石橋の袂で、眺めも良さそうだからと思い、コーン島までを選択。

ファデットの船着き場は小さな砂浜ですが、水着で日焼けを楽しんでいる欧米の若者たちが居ました。
IMG_6511.jpg
やっぱりゆっくりするならコーン島だなと、イイ選択したかと思ったのですが…
IMG_6512.jpg
ファデット着からの移動中の写真。

コーン島に着き、宿を探すもどこも満室。
辛うじてエアコン完備で40~50USD位する中級ホテルなら空きが有るんですが、エアコン要らないしキャシングしている手持ちのお金も少なかったので即諦め。ATMも見当たらないですし。
川沿いのテラスレストランの床間で、ご飯食べたら無料で寝てもイイよと言われ、取り敢えずご飯を食べて荷物だけ置かせて貰いました。ただ、先客で米国人男性が1名既に宿探しを諦め、レストランで寝る予定にしていると言われたので、出来たら何処かに泊まりたいなと思いました。

荷物を置いて再度ぶらぶら宿探しするも、やっぱり無理。チャンパサックの宿で一緒だったリタイアした日本人の方と道端でバッタリ再会し、川向こうのデット島側の石橋たもとのお化け屋敷みたいなソコの宿に泊まっていると指さしてくれたので、行ってみました。
最近全く掃除していない感じで、蜘蛛の巣だらけ&床に落葉だらけで、子供しか居ません。
ただ室内設備はしっかりしており50000Kipと言われたので、ベッドで寝ようと宿泊する事にしました。

翌日は自転車を借り、島巡り。
コーン島の西側にあるソムパミットの滝。良いところですが入場料が35000Kipと高いです。
IMG_6519.jpg
IMG_6513.jpg
滝の下流にあるビーチ。早朝だし誰も居ません。
IMG_6517.jpg
IMG_6516.jpg

フランスがムカシ敷設していた鉄道の機関車。2カ所あります。
IMG_6525.jpg
こっちは、カワイルカウォッチツアーの発着地点に有りました。
IMG_6524.jpg
ここら辺の何処かでイルカが見られるかも…らしい。
IMG_6520.jpg

名前忘れましたが、コーン島の東側にある滝。此方は無料。
IMG_6526.jpg

デット島に自転車で向かい、若者達が下船する船着き場ファデットの周りを見て回ると、コーン島の滞在している周辺よりかなりレストランや雑貨屋の値段が安い。若者長期滞在者用の価格設定になっているのだなあと感じました。ハンモックで寝ている欧米人が大量に居ましたし。帰路に着こうとすると自転車がパンクしてまた歩きでの戻りとなりました。

最初にご飯を食べたらタダで床間に寝てイイよと言われていたレストランに何度も行っていましたが、併設の宿にロシアの方が泊まっており、ご飯時にいつも会っていたので、結構喋っていました。
自分で会社を持っていて、主にドイツから仕事を請け負っていると言っておられ、英語が流暢な方でした。昨年末から2か月ちょっとの予定で旅行していると言われていました。1月にルーブルが凄く下落した時大変じゃなかったですか?と聞くと、ルーブルのレートがいきなり物凄く下がった日が有ってビックリしたとは言ってました。
ベトナムを結構旅行していたけど、ニャチャンやムイネというビーチの街はロシア語の看板だらけ&ロシア人だらけで、萎えたと言ってました。

私はラオス後に、タイのパタヤに行ったのですが、そこでもロシア語の看板だらけ&ロシア人が大勢で、ビックリしました。
ロシアからの旅行者と言えば、キプロスやギリシャの海に行くのが、主流と思ってましたが、金融危機後に色々不便になったので、アジアのビーチに流れてきているのでしょうか??

下記は2012年にキプロスに行った時の私の日記です。
http://toron803.blog.fc2.com/blog-date-20120911.html
ホテルが潰れて廃墟になっていたり、ナイトクラブが営業していなかったり、と旅行者が減っているんだろうな…というのはアリアリ見て取れましたので。

何年前位からロシア人が押寄せるようになったんだろう。
10年位前のニャチャンはロシア語看板なんか全然見なかった記憶が有りますが…

また、ラオスの人は計算間違いが多いし、お勘定が適当な事も多いとボヤいていると、ロシア人の方は、俺らがソ連の頃もそうだったけど社会主義国では、お金ってただの紙でそんなに大切じゃないからねえと述べてました。政府が食料とかも物凄い安値で供給してたし、お金無くても生活できるからね…と。しかも、ムカシはソ連の何処に行っても同じ商品は同じ価格で激安だからねと。なるほど。

あと、ラオス人は皆タイの番組見てるし、タイ語は皆結構理解できるし、そもそも言葉が似てて方言みたいなもんなんだろうねえと言っていると、ロシアは方言とか無くて、全土で標準語だよと。英語とか地方や国によって全く聞き取れない事あるけど、ロシアじゃそんな事全く無いよと。ソ連の頃、皆ひょいひょい国中に移動させられて、人が混ざり合っているからと…。なるほど。

ラオスは旅行者にとっては近隣より元々物価が高いけど、それにしてもパクセとか高かったと言うと、ロシアの方はルアンパバンに行ったけど市内中心部のゲストハウスの値段は部屋のレベルからすると有り得ないくらい高くて泊まれなかったと言ってました。辛うじて郊外の新市街に泊まったと。旅行者がかなり押寄せているからか、強気すぎる値段設定がいろんなトコロで見られるようです。
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

toronⅡ

Author:toronⅡ
30台後半・男性です。
OPトレードをメインでしながら旅行し続けようと頑張っているトコロです。
コメント、リンク等歓迎です<(_ _)>。

趣味:旅行、投資・投機、競馬、カジノ、将棋、漫画、魚釣りetc.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。