FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国旅行 成都 武候祠と赤珊瑚店

2015.05.01 19:54|2015年4月中国・東南アジア
日経平均は下抜けせず底堅い感じで終わっています。
日記の続きを書きます。

一泊だけで陜西会館をチェックアウトは勿体無いなあと4月10日も連泊しました。
そして、歩いて近くの武候祠に行きました。諸葛亮と劉備という主君と家臣が一緒に祀ってあるモノのは中国でもここだけとの事です。入場料は60元。入口です。
3武候祠入口
入口を抜けると漢照烈廟が有ります。劉備を祀っています。劉備さんの諡号が照烈皇帝なので。
建物の前には蜀の家臣の像が沢山有ります。50体くらいあるみたいですが、全部清代に作られたモノみたいです。

ガラスで光が反射して写真がちゃんと撮れませんでしたが、何体かアップします。
姜維さん、馬超さん、費緯さん。
13姜維

14馬超

10費緯

廟の中には、劉備さんが中央に、脇の小部屋に関羽さん、張飛さんとその子供や側近の像が有りました。
劉備さん
4武候祠 劉備
奥が関羽さん。横の顔が青ざめているのは周倉さん。両脇にはその他関平さん、関興さん、超累さんの像が有りました。
6関羽&周倉

像の中には、法正さんが居ませんでした。蜀の軍略の要ともいうべき方だったと思うんですが…品行方正とは言い難い感じの方という記述だったから祀られなかったのでしょうか。
武将では、三国志演義ではヒールともいうべき魏延さんは当然居ませんでした。演義では結構活躍の馬岱さんも居ませんでした。
呉懿さんも居ませんでした。劉璋軍として結構抵抗したからダメなんでしょうか。
演義ではしょぼい印象しかなかったんですが、馬忠さんの評価がとても高かったのでへーって感じでした。異民族の統治で現地住民から信任されており、亡くなった時には住民が涙して悲しんだとか…

漢照烈廟を抜けると武候祠が有ります。主君の方が前座って感じです。
真ん中に諸葛亮さん。
19諸葛亮
両脇に子供の諸葛瞻さん、孫の諸葛尚さんの像が有ります。

その奥には三義廟という劉備、張飛、関羽を祀っている廟が有りますが、新しく建て加えたもののようです。

孔明苑という建物も有りましたが、修復中で入れず。

横の方には、劉備の墓であろうと言われている恵陵が有ります。入口です。
31恵陵入口
お花が供えてあります。
27恵陵
円墳の小山です。
28恵陵

最後に博物館に行きました。此処も中々面白かったです。お勧めかも。
蜀の桟道の模型。
34博物館内
三国の軍隊の系統図と主な武官、文官の名前。
33博物館内
当時の推定の三国の人口、兵隊数。
35博物館内
人口は魏:443万人、蜀:90~94万人、呉:230~240万人と書いてあります。三国合計の人口で現在の成都市の人口に全く及びません。蜀が圧倒的にしょぼいです。

むかし、NHKでやっていた操り人形劇の三国志演義の諸葛亮さんの人形が有りました。
36博物館内
横山光輝の単行本では無い漫画三国志も置いてありました。貴重品なのでは…??
37博物館内

武候祠の横には、錦里という人民に大人気なオシャレ飲食街、お土産屋通りの続く通りが有ります。錦里の入口。
44錦里入口
昔の中国風ですが、入口くぐるとすぐスタバ。ちなみにスタバは円安で日本より価格は高いです。
43錦里
飴を膨らませて立体的な飴細工を作る職人さん。人だかりが絶えません。
42錦里 飴細工職人
平日の昼間ですがごった返しです。
提灯とかの灯りがともる夜が綺麗でお勧めみたいですが、夜はイイやと諦めです。
41錦里

武候祠の前にはチベット人街が広がっているので、チベット飯でも食べようかと思い、錦里での食事はしませんでしたが、予想はある程度できてましたがチベット飯に全然そそられないので、普通に麻辣の担々麺と水餃を食べました。

武候祠の前には、少し前に小笠原諸島付近で話題になった赤珊瑚店が有りました。
武候店って書いてあるので、成都市に何店舗か有るんでしょうね。
46赤珊瑚店
店員は、一見さんなんか全く相手にせずスマホを弄っているので、幾らでもジロジロ見れます。価格は腕輪が1万数千元~3万元くらいで売っていました。
一番高価な品々の辺りを写真撮りました。ネックレスです。重そうです。
45赤珊瑚売物
9万2千元と書いてあるので、日本円で180万円位ですが、赤珊瑚といってもなんかピンク色ですし、黄色い珊瑚も噛ましているし、色の統一具合がイマイチな感じがします。
深紅な赤珊瑚だったら桁がもう一つ上がったりするのでしょうか。
それにしても、そりゃ堂々と小笠原諸島まで密漁に来ますわなあという価格でした。

夜ご飯は、市内で何カ所か見て気になっていたテイクアウト専門北京ダック屋さんで北京ダックセットを買って食べました。
48北京ダック 持帰り専門店
量り売りで500gが28元強でした。適当に指さすと30元強でした。タレ、キュウリ、ネギ、皮はセットで付いてきます。皮と身を削いだ後の鴨の残骸も炒め物にして渡してくれます。四川省なので、麻辣でイイよね?と店員女性に聞かれましたが、甘酢でお願いとオーダーしました。4種類味付けは選べました。

持帰った北京ダックセットです。
49テイクアウトの北京ダック
セブンイレブンで、500mlのPBビールも買いました。5.8元。製造元はサントリーです。
酒税がないのでしょうか、ビールはとても安いです。ローカルコンビニではビールは中国企業のものばかりですが、セブンイレブンに入ると、アサヒ、キリン、サッポロ、サントリー揃い踏みで日本企業のビールが幅を利かせていました。

北京ダックは流石にパリパリ感は無いですが、リーズナブルですしタレも美味しかったので、再度買ってもイイなあという感じでした。ただ1人用としては、鴨の残り身の炒め物(甘酢)まであったので多過ぎでした。甘酢炒めも美味しかったですが。
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

toronⅡ

Author:toronⅡ
30台後半・男性です。
OPトレードをメインでしながら旅行し続けようと頑張っているトコロです。
コメント、リンク等歓迎です<(_ _)>。

趣味:旅行、投資・投機、競馬、カジノ、将棋、漫画、魚釣りetc.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。